bodipojitibu

「乳房縮小手術を受けたおかげで、体形についての劣等感はとても軽くなりました。
「痩せたい。そして、美しくなりたい」そう願う女性は多い。世の多くの女性が美に大きな関心を抱いているのは、間違いない。
承認欲求を満たす単純なゲームに、私はとことんハマっていった。
「写真を修正したって幸せにはなれない」モデルのイスクラ・ローレンスは、完璧を目指さないで欲しいと伝える。
アラフォー産婦人科女医、宋美玄です。色んなメディアでたくさんの美しい人たちと一緒にしれっと出させていただいてきましたが、外見はずっとコンプレックスなのであります。
「女性が、サイズからいじめを受けているような気持ちになってはいけない」
私たちはこのカラダへのプレッシャーとどう戦っていけばいいのだろうか。
「ボディ・ポジティブになろう」、女性みんなにメッセージを発信した。
ある日突然髪が抜け始めた、7歳のジアネッサさん。ママと一緒に素敵なヘアスタイルを考えてみました。
「どうして20代の一番美しい時のスタイルを諦めなければならないの?」と思う人もいるのではないか。
「ボディポジティブ」なモデルの起用、企業にとってもプラスになっています。