boeki

環太平洋経済連携協定(TPP)が成立に向けて大きく前進しました。
世界の国々は、どの国からの輸入が多いのか。一枚の地図にしてみると――。
4月23日に寿司屋で行われた安倍首相とオバマ大統領の会食では、話題の大半はTPPに関する内容だった。会談の中では、安倍首相がアメリカ企業の努力不足を手厳しく指摘した一面もあったという。
米通商代表部のウェンディ・カトラー次席代表代行は、TPPをめぐる日米交渉について「極めて困難」との認識を示した
ハフポストが伝えるところでは、東電 「原発再稼働が遅れたら電気料金を最大10%値上げ」との事である。「脱原発」に伴い必然となる電気料金の値上げという負の連鎖を読者に対し今回の様に冷徹に伝える事は極めて重要と思う。また、下記の様に意見を求める事で読者に考える機会を提供する姿勢も高く評価したい。
尖閣諸島問題が起こったとき、中国で日本に対して経済的に制裁を行ってはどうかという意見がありました。最近の韓国のいきすぎた「反日」に関連して日本でも韓国に経済制裁を行ってはどうかという意見がある様です。
来日中の欧州連合(EU)のデフフト欧州委員(通商担当)は19日、日・EU経済連携協定(EPA)交渉について、非関税障壁の撤廃に向けた日本側の取り組みはまだ不十分だとの認識を示した。日・EU定期首脳協議に先立ち、ロイターとのインタビューで述べた。
甘利明経済再生担当相は12日、来日したルー米財務長官との会談では、環太平洋連携協定(TPP)交渉の年内妥結に向けて日米両国が一層協力することを確認したと明らかにした。会談後、記者団に述べた。会談ではアベノミクスに言及する時間はなかったとし、為替に関する話はなかったと語った。
2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6月期に比べて大きく落ち込む公算が高くなってきた。消費税増税を決定した直後の減速となれば、補正予算や来年度予算の編成にも影響を及ぼす可能性がある。
経常収支の黒字を維持しつつ、一方、消費増税と、上に述べた歳出削減で債務問題を少しでも緩和するしかない。何度も繰り返すが、安倍政権に求められているのは、これらを可能にする「規制緩和」を含めた具体的な「成長戦略」の立案と、速やかな実行なのである。