boekiakaji

日本人の感覚で言うと本当に米国車が日本で売れないのは為替水準だけが原因なのでしょうか?
2014年の日本の貿易赤字が過去最大となった。1月26日に財務省が発表した貿易統計で明らかになった。
財務省が8月8日に発表した2014年上半期(1〜6月)の国際収支速報によると、海外とのモノやサービス、投資の取引状況を示す経常収支は、前年同期の3兆3131億円の黒字から5057億円の赤字に転落した。比較できる1985年以降で上半期の赤字転落は初めてだ。2013年下半期は788億円の赤字で、これを上回る2半期連続の赤字となった。
[東京 21日 ロイター] - 財務省が21日に発表した4月貿易統計速報によると、貿易収支(原数値)は8089億円の赤字となった。赤字は22カ月連続。 消費増税前の駆け込み需要で急増した反動で、輸入の伸びが大幅に鈍化し、貿易赤字は前年に比べて7.8%減と縮小した。 貿易収支の改善は、2012年8月(同1.2%減)以来。 貿易赤字構造の変化につながるか先行きが注目されるが、財務省では、為替動向
過去最大の13兆円台の貿易赤字を記録した2013年度に続き、14年度も10兆円台の赤字が続くとの見通しが浮上している。これまでの設備投資委縮や労働力人口減少で国内供給力が細り、需給ギャップもプラス転換しつつある今、国内景気回復が輸入増加につながりやすいという新たな構造要因が生まれているためだ。巨額貿易赤字を前提とすれば、経常黒字額もせいぜい5兆円台前後に縮小するとの見通しも広がっている。
財務省が21日に発表した3月貿易統計速報によると、2013年度の貿易収支(原数値)は13兆7488億円の赤字となった。赤字額は12年度の8兆1578億円を上回り、現行統計が始まった1979年以降で最大。第2次石油危機時の1979年度と80年度の2年連続を上回る初の3年連続赤字を記録した。
今年の干支は「馬」です。馬力と称するように、大きな力によって物事が動いていく年です。私の力も、「国家国民のために」発揮していくことを誓います。
現在の原発停止は法的根拠の伴わない菅元首相の浜岡原発停止要請に起因するものである。従って、新年早々にでも安倍首相が「原発再稼働」を宣言すれば電力会社は一斉に再稼働に動く。物事を深く考える事無く、何事も思い付きで行動していた菅元首相との差別化を図りたいのであれば「原発再稼働」を閣議決定すれば良いだろう。
財務省が9日発表した国際収支状況は10月の経常収支が1279億円の赤字となった。経常赤字への転落は今年1月以来、9カ月ぶり。原粗油や液化天然ガスなどの輸入が増え、貿易赤字が1兆0919億円と10月として過去最大に膨らんだことが響いた。
経常収支の黒字を維持しつつ、一方、消費増税と、上に述べた歳出削減で債務問題を少しでも緩和するしかない。何度も繰り返すが、安倍政権に求められているのは、これらを可能にする「規制緩和」を含めた具体的な「成長戦略」の立案と、速やかな実行なのである。