bogofuku

新型コロナの感染者に対応する医療関係者の防護服が不足し、代替品として雨がっぱを受け付けていた大阪市の呼びかけに応じました。
「ファンの皆さまのお力をおかりして、一丸となってこのコロナウイルス感染拡大防止につとめて参りたい」
「笑顔のシェア」というムーブメントが、アメリカの医療者の間で広がりつつあるようです
ヤノベケンジさんが原発事故からの復興を願い2011年に作ったオブジェでした
[東京 29日 ロイター] - 厚生労働省は29日、シエラレオネから帰国した30代の日本人男性が、エボラ出血熱に感染している疑いがあると発表した。男性は同国でエボラ出血熱患者の遺体が入った袋に触れたという。検査結果は同日夜から30日未明にかけて判明する見込み。 厚生労働省によると、男性は今月21日まで8日間シエラレオネに滞在し、23日に成田空港に到着した。現地ではエボラ患者との直接的な接触
ドバイ発のエミレーツ航空の飛行機がボストンのローガン国際空港に着陸した後、防護服とマスクに身を包んだチームが機内に乗り込み、流感のような症状を訴えた5人の乗客を連れ出した。
致死率の高い感染性ウィルスから身を守るには、さまざまな対策をとる必要がある。ウィルスに感染した患者に接する仕事に従事する人にとっては特に大切なことだ。
原発作業員の事故では福島第一原発の常駐医師はどのように対応したのだろうか。「常勤医師」の関与が気になって、東京電力広報部に取材してみた。