boshikatei

誰かとともに生きていくことは、決して身近な家族や友人だけではありません。
今でこそ信じられない話なのだけど、私が就職活動をしていた80年代は、まだ「片親の子は一流企業に入れない」などとフツーに言われていた。7歳で父親を亡くした「片親」の私も「そんなものか」とふてくされていた。 しかし、母子家庭だからこそ、就職して
いつもと変わりない日常を生きる多様な家族のかたちとは? 作者の松島直子さんに聞いた。
今回の職員の対応は、「手当を支給する側」と「支給される側」の上下関係みたいなものを強く感じた。
小田原では、「生活保護とは」「福祉とは」「ソーシャルワークとは」という基本的な教育・研修などがなされていないのでは、ということだ。
日本の貧困な子どもにとっては、普通の家と自分の家の違いを思い知る「とても残酷」な時間だったりする。
いったい、日本政府は、子どもたちがどれだけ貧困になれば、救済してくれるのだろうか?
貧困状況で育つ子どもたちは、どんなに頑張っても「チャンス」が巡って来ない社会になっています。
離婚した母子世帯の2割しか、元夫から養育費の支払いを受けていません。どうすればきちんと支払われるようになるのか、集まった意見をもとに考えます。
ここでは、「新三本の矢」の具体策として盛り込むべき緊要な施策例を提起したい。
本日取り上げるのは、今回の条例案で改正が行われた「東京都女性福祉資金」の貸付について。