bpo

日テレの人気番組「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑について審議していたBPO放送倫理検証委員会が、「放送倫理違反」の判断をした。その会見の中で…
テレビの制作現場で深刻な劣化が進んでいることが伺えます。
BPOに関係する放送局のケースを検証してきた立場からすると、このMXの「当社見解」の表明には無視してはいけない「不遜な態度」が見え隠れする。
SさんがなかでもTBSの「ビビット」に関して問題だと思うと話してくれたのは「やらせ撮影に協力させられた」ということです。
事実と異なる報道がされていると批判されたことを受け、BPOがMXに報告を求めていた。
沖縄の米軍基地反対運動を取り上げ、批判の声があがっていた「TOKYO MX」の番組「ニュース女子」で東京新聞論説副主幹が司会を務めていたことについて、同紙は「深く反省」とする記事を掲載した。
「最低限の取材も怠ったまま誹謗中傷するもので、放送倫理を著しく逸脱した」と指摘している。
「公益性も否定できない以上、一概に放送倫理違反を問うことは難しい」。