bungeishunju

小説家の言葉は、やはり魅力があります。5人の選考委員はそれぞれ、何と語っているでしょうか。
矢野康治事務次官は「10万円の定額給付金のような形でお金をばらまいても、日本経済全体としては死蔵されるだけだ」と主張しました。
編集系以外から34年ぶりに起用された中部嘉人社長はコラボについて、「デジタルに近いところにいる人は若い人たちですから。任せることに決めました」と話す。
2019年9月に作品を紹介していました。「目の付けどころがシャープ」とのコメントも。
当初はゼロからサイトを立ち上げることも視野に入れていたというが、最終的にnoteを選んだという。
創刊号からは、文春の並ならぬ決意の現れが感じられる。
2015年にはベストセラーの複数購入を出版不況の一因と主張。
「コーヒーを飲むのと同じくらいの軽さで、人が死ぬような話を書きたいと思いました」
文芸春秋4月号の【スクープ・東芝「不正謀議メール」を公開する】と題する記事によって、東芝会計不祥事に関して注目すべき事実が明らかになった。