bunka

「自由のない、独裁の日々――。確かにそれは、芸術や文化の自由が、ここまで高く評価されるようになった要因の一つではあるでしょう」。
ぼくが影響を受けた本を、6冊ご紹介します。読めば世界の見え方が変わる、ステキな本ばかり…!
時間に対する感覚や考え方は国によって違う。グローバル社会において日本企業がさらに活躍するためには、相手の文化やしきたりも理解するべきだろう。
選手のタトゥー(入れ墨)をめぐる話題が世界で論争を巻き起こしている。
「おクジラさま」監督の佐々木芽生さんが語る「クジラを守る側」の気持ち。
バヌアツの医療事情最終回。幸せは何かという「ぶれない価値観」と日本とは違う「幸福感」があることを学びました
大凶や凶などを引いたら、境内の木の枝などに結んでいく方が多いかと思いますが、「持ち帰ることを勧めています」と福徳神社(東京)の宮司は言います。なぜ?
「鎌倉時代初期の作と考えられ、快慶風のところもある。」
「しまくとぅば」とは、沖縄固有の言語の名称で、「ウチナーグチ」「琉球語」と呼ばれることもある。
遠くから来た新しいコンセプトはいつでもまぶしい。
2016年度の「マナビバ。」のテーマは、いわき市における2つの現状から設定された。
「文字を書く」というシンプルな行為に精神性を求め、文化にまで昇華させたのが、他ならぬ書道だ。
81歳の国王がすべてきれいに平らげたとは思わないが、健啖家で、食に対して敏感であることを改めて窺わせたのである。
今回は、東日本大震災の被災地域のコミュニティに対して、アートプログラムを実施する「東京都による芸術文化を活用した被災地支援事業」に注目します。
異文化の中でその国の人々と仕事を共にするには、どうすればいいのか。
日本に来る前はミャンマーを出たことがなかったから「私の国が一番美しい」と思っていました。