bunkadaikakumei

「こんなにも良い社会になった中国を、海外は誤解している」こんな状況が深刻化するかもしれない。
中国の法治は党にコントロールされており、ルール・バイ・ロウにはなっていません。これは極めて明確に、現代中国の問題を物語っている部分です。
中国・北京で1989年6月、民主化を求める学生たちが武力鎮圧された「天安門事件」当時の学生リーダーの一人だったウーアルカイシ氏が7月21日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。ウーアルカイシ氏は13日に死去した人権活動家の劉暁波氏について、「先生は殺された」と、中国政府を強く非難した。
中国政治との距離や人間関係には大きなリスクが伴っており、誰1人として安全圏にいないような時代に入ったことを、改めて感じさせられる。
2017年秋には指導部メンバーの大幅な交代が予想される党大会を控えており、人事でも強い主導権を握ることになるとみられる。
西洋的な価値観を称賛するようなコンテンツを控えるよう指示も。
天安門事件の元学生リーダーは、今の世界について何を思うのか。
登場人物の多くは、毛沢東語録の赤い小冊子を手に持つ姿で描かれている。
1966年5月16日に中国で始まった「文化大革命(プロレタリア文化大革命)」から、今年で50年を迎えた。
中国は26日、中華人民共和国建国の父とされる毛沢東(1893─1976年)の生誕から120年を迎えた。ただ、記念行事の開催規模は全国的に縮小されたもようだ。背景には何があるのか。