bunzaitora

11月22、23日には、名古屋市でG20(主要20カ国)の外相会合が開かれる。このままでは会期中に各国の注目が集まっている。
次期法務部長官として指名されている曺国(チョ・グク)氏は、日本に対する強硬発言でも注目されていた。
韓国による日韓GSOMIA破棄について、日本では与野党ともに「容認できるものではない」と反発しています。
「日本が対話と協力の道を選ぶなら、私たちは喜んで手を取り合うだろう」
「本当に日本の安倍首相が? 韓国の文大統領ではなくて?」……米各紙は驚きをもって報じています。
韓国で政治が衰退してしまったのは、人間の経験に基づくファシズム的アプローチや過度な産業主義のせいである。
11月1日、大阪で講演したのを機会に、いまの朝鮮半島情勢について聞いた。
ポンペオ国務長官「我々も、交渉が終わった後も続くような体制保障を提供しなければならない」