burajiria

Twitterに投稿された30秒の動画は、SNS上で大きな波紋を呼んだ。
アーティストのベンジャミン・グラントは、オーバービュー・エフェクトの説明に触発されて、宇宙飛行士ではない私たちにもこの視点を体験してもらおうとしている。
今日のブラジルは、サッカーのワールドカップ(W杯)を初めて開催した1950年に比べると、大きく様変わりした。ただ、64年経過してもほとんど変わっていない面がある。 当時と同じように今回も、ファンの盛り上がりに匹敵するほど、予定通りの日程と予算の範囲内でスタジアムを建設できない当局の不備が際立っている。
世界最大のサッカー大会の開幕までわずか1週間というこの時期に、首都の空港で起きてはほしくない事態が起こった。
ワールドカップの開幕まで30日を切る中、ブラジルではワールドカップ反対運動が続いている。ブラジル国民の多くが試合を観戦すると予想される一方で、いくつかのグループがワールドカップへの抗議行動を行うことも予想されている。