burajiru-whai

ドイツの4回目の優勝でサッカーワールドカップの幕が閉じました。開幕前はスタジアム建設の遅れや反政府デモが危惧されましたが、「王国」ブラジルの凋落を象徴する7失点の衝撃も含め、今大会も世界じゅうを沸かせたことは間違いありません。
35泊に及ぶブラジル滞在も終わり、今、帰国途中のニューヨークの空港でブラジル生活を振り返っている。35泊の間に長距離移動が17回(飛行機が10回、長距離バスが7回)。つまり、ほぼ1日置きに移動を繰り返していたので、ほとんど観光はできなかった。
先日幕を下ろしたワールドカップ・ブラジル大会。大会を通して特に印象に残った『若き才能』に思いを寄せる。日本戦でも見事なゴールを決めたコロンビアのハメス・ロドリゲス。怪我により大会途中で出場が叶わなくなったブラジルの中心選手ネイマール。彼らはこの涙を忘れてはならない。大きなふたつの宝石。
熱戦が繰り広げられてきた2014年ブラジルワールドカップも残すところ4試合。以下現地時間8日(日本時間9日)には、準決勝の1戦目となるブラジル対ドイツ戦がベロオリゾンテのエスタディオ・ミネイロンで行われた。
サッカーワールドカップ・ブラジル大会第21日目の7月5日(日本時間5日)、準々決勝でオランダとコスタリカが対戦した。両チームとも無得点のまま延長でも決着がつかず、PK戦でオランダがコスタリカを4−3で破り、準優勝した前回大会に続く4強入りを決めた。
サッカーのワールドカップ(W杯)開幕を来月に控えるブラジルで27日、同大会の開催に反対する国民がデモ行進を行い、警察が鎮圧のため催涙ガスを使用する事態となった。
イギリスのスポーツ専門サイト「SportsMOLE」は5月15日付で、歴代日本代表選手のトップ10を発表。1位は、 1968年メキシコ・オリンピックで得点王を獲得して日本の銅メダルに貢献した釜本邦茂だった。
サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕戦が行われるサンパウロでバス運転手がストライキを起こし、交通への影響が深刻化している。
昨年からブラジル・サンパウロ市に在住の元TBSアナウンサー・竹内香苗が16日、自身のブログで、ブラジル国内の約50都市でデモが行われ、「W杯反対デモ」も起きていることを明かしている。
サッカー日本代表が、6月に開催されるブラジルワールドカップで戦う、クイアバの会場が、大幅に建設が遅れている上、火災事故を起こした。スポニチが報じている。