burando

「目の前のアイテムが一瞬でキャッシュ(現金)に変わる」――。そんなキャッチコピーとともに登場したスマホアプリが、6月28日にサービスを開始した「CASH」です。
「SWIMMER(スイマー)」と「chocoholic(チョコホリック)」が、2018年1月末をもって終了することになった。
そのコマーシャルが確固とした洞察に基づいたものでなければ、ただ時流に乗ろうとしているだけであることが簡単にバレてしまうのだ。
チームやリーグは、次第にソーシャルメディアの膨大なフォロワーを有効活用して、ブランドとの協力関係を深めるようになっています。
「モノに加えてSUBARUにしか提供できない「価値」は何なのかを考えてきました」(富士重工業社長)
2013年に財政破綻を起こしたミシガン州の都市「デトロイト」。時を同じくしてデトロイトに生まれたのが、「SHINOLA(シャイノーラ)」というブランドです。
ブラックフライデーを日本にも浸透させようという動きが広まっていますが、新春を待たずして年内からセールを行う背景には、アパレル業界の苦境が見え隠れしてしまいます。