buratta

ル・モンドによると、プラティニ氏はブラッター氏から顧問料として200万スイスフランを受け取った。
2018年と22年のサッカー・ワールドカップを巡って汚職疑惑に揺れている国際サッカー連盟(FIFA)。記者会見場にコメディアンが乱入し、セップ・ブラッター会長に札束を投げつけるハプニングがあった。
サッカー元ブラジル代表のジーコ氏が、FIFA会長選に立候補することを表明した。「これは私の義務だ」と述べたという。
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで緊急の記者会見を開き、会長辞任を表明した。
国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長が辞任表明したことを受けて、サッカー元日本代表監督のジーコ氏は6月2日、自身のフェイスブックに「私はFIFAに立候補することができる」と投稿し、会長選挙への出馬に関心を示した。
国際サッカー連盟(以下FIFA)の次期会長は、今後のW杯開催国に対し基本的な人権規範の遵守を確実に義務づけるべきだ、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
国際サッカー連盟(FIFA)のゼップ・ブラッター会長(79)が6月2日、スイスのチューリヒで記者会見を開き、会長辞任を表明した。
ブラッター氏の責任を問う声も上がる中で、国際サッカー連盟(FIFA)の会長に再選したのはなぜか? その理由を調べてみた。
国際サッカー連盟(FIFA)の汚職事件をめぐり、ゼップ・ブラッター会長は5月28日にスイスで行われた総会の冒頭で演説を行い、「私にはFIFAのイメージを回復させる責任がある」と述べ、辞任要求を拒否した。
ブラジルで開催されている2014年FIFAワールドカップ。世界中が釘付けになっているが、サッカーをよく知らない人にとっては首を傾げることも少なくない。