burukini

「私たちがビーチにいるのが気に入らないようでした」
だが、ちょっと待て!我々は、まさに自由のために闘っているのだ。
高齢化する西欧ホスト国と、出生率の高いイスラム系移民の人口の間での人口比率も変わっていく中で、この夏のブルキニ写真は、後世の目にどのように映るのだろう。
「人々が何を着たらいいか議論を始めるなら、スーツを禁止するべきでしょう」
「マリアンヌはベールで覆われてはいません。マリアンヌは自由だからです。それが共和国の精神です!」
今の時代に、イスラム教について論理的な議論をするのは不可能なようだ。
地域や長さによって様々な種類があるのです。
「違いに敬意を表し、受け入れ、祝福しよう」
「これは自由、平等、友愛とかけ離れている」