ビジネス

「リーダーになりたくないと言うことは、仕事をしたくないということと同じ」「誰もがスティーブ・ジョブズのようなカリスマリーダーを目指さなくてもいい」と話すのは、ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会 委員長に就任した 明治大学文学部 齋藤孝教授。若手ビジネスパーソンが抱えるチーム作りの悩みを解消してもらいます。
日本の中古ダイヤモンドが、香港でオークションにかけられ、インドで思わぬ輝きを取り戻している。世界最大級のジュエリーイベントが年4回も開催される香港に世界中のバイヤーが集まり、日本の「中古ダイヤモンド」を、数百~数千万円の高値で次々に競り落としているという。
銀行員が起業したり、メーカから大学院に進んだり、インフラ会社からNPOを起こしたり、役人から出馬したり、周りにはそんな知人が多いけど、結果うまく行ってる例は多くありません。
私は公募という制度を否定するつもりはありませんし、橋下市長が行うとした意図もわかるのですが、あまりに急で、数が多すぎたのではないかと考えています。
いかなる仕事であれ、仕事をひとつの道としてひたむきに追求することで、日本人は自己を見つめていきます。自己を徹底的に見つめた果てに出会うのは、確固たる自己どころか、固定した実体などかけら程も持たない自己の無根拠さ。しかし同時に感じられるのは、そのような根っこのない自己があるがまま成り立っている不可思議さ。そのとき人は、仕事を通じて自己を再発見するのでしょう。
ヤフーのEC出店料無料化のニュースが海外でも注目を集めている。楽天が優勢と報じるブルームバーグは、「孫と三木谷の勝負なら孫に賭ける」というコンサルタントのコメントも掲載している。どのような内容が報じられているのだろうか。
成長著しいスマートフォン市場で、サムスンはひたすらシェアを追求し、信じられないほどの多機種を開発するパワーや高い品質、また積極的なマーケティングのパワーゲームによって成功してきましたが、なんらかの新たな成長戦略や競争戦略が必要になってきているのです。
8月の機械受注統計によると、設備投資が回復していることが鮮明にわかる。来年4月の消費増税を前に、これから本格的に回復が見込まれるという。
自民党の西川TPP対策委員長が、「聖域」とされてきたコメなど「重要5項目」を再び見直すと発言したことを受け、国内外から期待の声があがっている。どのような内容だろうか。
どちらにも問題があり、だからこそ、障害者が退職してしまっているという現実。企業・障害者双方の壁がなくなり、皆がイキイキして働けて、企業の価値創造につながることができれば、素晴らしいCSRになると思います。