ビジネス

イプシロン打ち上げに湧く日本の宇宙開発だが、宇宙技術のコモディティ化が進み、現在の家電業界のように「消耗戦」の構図となる可能性があるという。現在の宇宙開発ビジネスは、世界ではどのような状況になっているのか。
ベトナムのファム・ビン・ミン外相は、時事通信からの質問に日本から輸入することで合意している原発について「計画通り建設する」と書面で回答した。ベトナムへは韓国なども原発を売り込んでいるというが、ベトナムには何故、原発が必要なのか。
任天堂の元社長の山内溥(やまうち・ひろし)さんが9月19日、肺炎のため死去した。山内さん死去のニュースは、海外のメディアも速報している。
自分のビジネスを、わずか数年で数百万ドルの価値をもつ企業に育て上げたと言える起業家はほとんどいない。高校卒業までにそれをやり遂げたと言える人はさらに少ない。
ルイ・ヴィトンやエルメスなどの大手高級ブランドが、供給ラインの確保でもしのぎを削っている。ワニ園やバラ園など、世界各地でサプライヤーの買収に動いているという。
ほとんどの企業は、わかりやすい方法で利益を上げている。Google社は広告を通して、Apple社はiPhoneやiPadを販売して、Gap社のような小売店は衣料などを売ることで、それぞれお金を稼いでいる。
人は誰でも、若いころは「つまらない大人になりたくない」と考える。くたびれたスーツを身にまとい、うつろな目で通勤電車に揺られ、安月給にため息を落とし、娯楽といえば野球のナイター中継とパチンコだけ。そんな灰色の人生を送るなんて、まっぴらごめんだ。では、どうすれば「つまらない大人」にならずに済むのだろう。
今朝はファッション業界全体がどよめいた。高級ファッションハウスYves Saint Laurentが、そのCEO Paul Deneveを失う、というニュースが報じられたからだ。そのニュースの中では、サンフランシスコのベイエリアに住むDeneveは、退社後“ハイテク業界に参加する”という同社の発表が引用されていた…
デジタル領域のメディアにおける編集者という存在の認知度を上げることを目標にしながら、日々活動をしているわけですが、編集者ですと名乗るようにしているのには、また別の理由があります。今回は、自己紹介も兼ねて、自分にとって編集とは何であるのかを書いてみたいと思います。