butai

俳優の平幹二朗さんが10月23日、死去した。82歳だった。
小倉さんは、自身が学生時代には、平さんが所属していた俳優座の芝居に何度も足を運んだという。
東京という都市における舞台芸術にかかわる〈公共〉はどうなっているのか?ここでは、私見を少々書かせていただきたいと思います。
2012年に57歳で亡くなった十八代目中村勘三郎さんが10年に公演を行って以来、5年ぶりとなる大阪での同舞台を前にして「この5年間、あっという間のようで長かった」と感慨深く語った。
2014年秋の紫綬褒章受章者が2日に発表され、受章者に選ばれた女優の高畑淳子(60)が同日、自身の公式ブログを更新し「ありがとうございます」と感謝を述べた。
8月に芝居をやります。その稽古が始まっています。とてもいい舞台なので来てくださいね。また、次回作の映画の話しがあります。いまキャスティング中です。明日から、北海道のハタケの遠足に東京からお客さんを引率して行きます。そして、ニューヨークでの出店を考えています。年内に向こうに会社を作る予定です。春には初めての本を出版します。いろいろと忙しくしている今日このごろです。
山口さんは、2006年より「生活にアートでプラスアルファを」をキーワードにNPO法人アルファルファを立ち上げ、社会に良質なアートを届ける活動を続けてきました。活動内容や組織を立ち上げた経緯、大学生との向き合い方、今後の展望などのお話を伺ってきました。
ニッチな分野であり、どちらかといえば世間の見る目の冷たかったサーカスのアクロバットをポストモダンなダンス、音楽、語りと組み合わせ、大規模プロダクションにして成功させたこのベルギー系イタリア人にかかれば、劇場空間にはまだまだ成長の可能性が無限大に存在している。