chakuyukazenshindan

海外の患者を受け入れなければ、“成功率が先進国最低”の日本の不妊治療は、衰退するばかりだ。
7組に1組のカップルが不妊と言われるいま、「卵活」「妊活」という言葉が登場したように、医療技術のサポートを受けて「子どもがほしい」「親になりたい」という希望を叶えようとする夫婦が珍しくなくなってきました。