chibettobukkyo

チベット仏教を信仰する中国人男性Aさんは、当局がラルンガル・ゴンパの規制を強化した理由として、規模が極めて大きくなったこともあるとの考えを示した。法輪功の問題が発生してから、当局は個別の団体の規模が大きくなりすぎたと判断すると、管理を厳しくすることが通例だからだ。
真実を追求しようとするダライ・ラマ14世の言葉に耳を傾けてみよう。
ダライ・ラマ14世が7月6日、80歳の誕生日を迎えた。
チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(78)が4月6日に来日した。7日には仙台市で開かれた東日本大震災の復興を願う集会で講演し、被災者らに「勇気と自信を持って困難を乗り越えていってほしい」と訴えた。その様子を写真で伝える。
チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(78)は4月7日、仙台市で開かれた東日本大震災の復興を願う集会で講演し、被災者らに「勇気と自信を持って困難を乗り越えていってほしい」と訴え、世界中の人々が再生を後押しすると力を込めた。