chihokasseika

私の好きな『マチ』、長野県小布施町と鹿児島県長島町をご紹介します。わたしたちの『マチ』を残すためにこれからも考えていくこととは...
都心でなくとも働きやすさに問題なし。自然豊かでのんびり暮らせる田舎暮らし、転職の際の参考にしてみてはいかがですか?
PRESENTED BY エン・ジャパン
近年、実践的な林業を教えるスクールが全国各地で相次いで開校している。時代に適応した新しい林業の人材が求められている。
「国とか大きいものに全部ゆだねたり任せたりするんじゃなくて、自分の将来に責任を持った行動をしたいですね。10年後とか15年後の次なる社会の形をここで作っていけれたらと思っています」
この数年、食関係のデザインが増えました。厨房や調理用品あるいは食器類だけでなく、食空間の提案などが多くあります。あるいは料理そのものもあります。
専門家集団による最先端の宇宙技術を使った課題解決と、お年寄りや子どもたちと取り組む地域課題の解決。次元の異なるように見える2つの領域だが、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の神武直彦准教授は、「解決策をデザインするアプローチでは共通点がある」という。
「京都vs小京都・金沢」と話題にあがるのは、2015年3月14日に開業する北陸新幹線によるものだ。
さて、石破大臣は、ちまちました効果のないバラマキをやめ、地方分権こそ地方創生の本丸だ、任せるものは地方に任せるという切り込みで地方創生に取り組んでいただけるのでしょうか。期待したいところです。
ICTによる真の地域活性化のため、「モノ」であるICTを使いこなす「ヒト」への投資を提言する「ネットと地域活性化を考える会」。連載第4弾は、株式会社ウィズグループ代表取締役の奥田浩美さんが、ネットメディアを活用しながら各地のプロジェクトを推進している視点から寄稿しています。