chiiki

困っている人の役に立ちたいという純粋な思いから、様々な人が海外の地域で頑張っています。 海外と日本を繋ぎ、途上国に関わる医療従事者を支える活動とは――。
香川県の高松港からフェリーで約40分、瀬戸内海に浮かぶ男木島(おぎじま)という小さな島があります。「瀬戸内国際芸術祭」の舞台のひとつとしても注目を浴び、観光客の往来も盛んです。
千葉県・松戸駅前で MAD City プロジェクトを運営するまちづクリエイティブが、WESYMと提携して独自のクラウドファンディングサイトを設立しました。
無償で地域の情報を発信する代わりに、自分たちのやりたい表現を作品に込め、海外のアワードを狙う。そんな座組で「KUROKAWA WONDERLAND」は制作されました。
デジタルアーカイブはテクノロジー面に着目されがちです。しかし、どの技術にも寿命があります。技術の寿命を越えて記憶を遺していくために必要なこととは。
自然豊かで、文化の息づく鳴門の町で、再生可能な自然エネルギーを導入する、その最適な場所はどこなのか? ゾーニング・マッピングの作業は、いよいよ重要な段階にさしかかろうとしています。
文化庁の「日本遺産」とはどんなものか?第1回には「日本一危ない国宝鑑賞」や「信長公のおもてなし」などが認定された。
母親ばかりのPTAに父親が入っていくためのコツや、本部役員の選考方法、学校との協力体制づくりなど、実践的な内容で盛り上がりました。
地方のほうがPTAに参加する父親が多い、危機的状況でPTAの役割がはっきりする、「親父の会」からPTA入りする等、PTAを取り巻く今がわかります。
観光ガイドブックでおなじみの「るるぶ」を、自分たちが住んでいる町を題材として、自分たちの手で作る「るるぶこども編集」。このプロジェクトの目的は、〝観光情報の発信〟ではなく、制作過程を通じたこども達の〝生きる力の育成〟です。
PRESENTED BY JTB交流応援隊