chiikikassei

地方創生ビジネスプランコンテスト「カンガルー」には、短い告知期間にもかかわらず、北海道から沖縄まで全国81組の大学生らからアイディアが寄せられた。
子どもたちが自然や歴史に触れ、成長する。岐阜県岩村では「教育」を共通項に、その土地ならではの学びを得ることが出来る取り組みが始まりました。
共働きの家庭が増える日本社会で今、小学生の放課後の過ごし方がひとつの社会課題となりつつあります。
完全な定住を求めなくても、3分の1とか5%でもぼくはいいと思っていて。そういう関わり方が、今後おもしろくなっていくんじゃないかなと思っています。
「人材サービスを事業にしている私たちにできることは、若者と島のカケハシになることだ」と、この「島キャン」を企画されたそうです。
中心市街地活性化のために交通網を整備しろとか、駐車場とかって話をなぜ今更まだおねだりするのだろう。
東京都内の1398の神社を包括している宗教法人東京都神社庁は、若者に地域の神社への参拝を呼びかけようと、2013年にアニメ化もされた、人気漫画「ぎんぎつね」の主人公の女の子が描かれたチラシを配布するという。