chijisen

「県政の刷新」を掲げ、行財政改革で財源を生み出して子どもへの投資を増やすことや、大阪と連携した経済の活性化などを訴えた。
東京都知事選で当選を確実にした小池百合子氏が、テレビ東京系の報道番組でジャーナリスト池上彰氏のインタビューを受けた。池上氏の鋭い質問に、小池氏はどう答えたのか。
東京都知事選に立候補しているジャーナリストの鳥越俊太郎氏は21日、同日発売の「週刊文春」が自身の女性問題に絡む疑惑を報じたことについて反論した。
今回は本年に実施された選挙の中から知事と政令市の首長選挙に的を絞り、選挙時などのネット活用状況をあらためて振り返ります。
地方創生は「東京対地方」という構図が描かれがちですが、実は違うのではないでしょうか。地方創生は東京のためでもあるという意識を持っていただくために、今後一層の努力が必要です。
第18回統一地方選挙の前半戦が12日、投開票された。10道県知事選ではすべて現職が当選し、与野党対決の構図となった北海道、大分県知事選はいずれも与党系候補が制した。
朝日新聞社は、2月9日投開票の東京都知事選について電話調査を実施し、取材による情報と合わせて序盤の情勢を探った。元厚生労働相の舛添要一氏がリードし、元首相の細川護熙氏らが追っている。
甘利明経済再生担当相が、東京都知事選に細川護煕元首相が出馬表明したことに関連し、「徳洲会事件の後任には佐川事件の私が最適ですとか、オリンピックは返上すべきだとか、『殿、お戯れを』」とけん制した。
日本維新の会の松井幹事長は、都知事選で「脱原発」を掲げる細川元首相にエールを送る一方、原発維持が持論の石原共同代表が元航空幕僚長の田母神俊雄氏を支援しているため「『歓迎』とまでいうと、石原御大(おんたい)に怒られる」と本音を漏らした。