chikan

「私は、女性専用車両があるのは恥ずかしいことだと思っています」(小川たまかさん)
「Change.org」の武村若葉さんとのイベントの事前対談。ライフステージが変わるごとに女性がぶつかる壁について話が展開していきます。
セクハラ容疑者は、歩道に頭を打って意識を2時間失っていた。
痴漢の被害に悩んでいた都内在住の女子高生が「痴漢抑止バッジ」を発案、ネットを使ってデザインを公募することになった。
イギリス鉄道警察は、ロンドンの公共交通機関での性的迷惑行為を取り締まるキャンペーンの一環として、ショッキングな新たな動画を公開した。
2014年4月1日、岡山県の改正迷惑防止条例施行をもって、全国47都道府県すべてで男性に対する痴漢行為を女性と同様に取り締まることができるようになる。1999年まで、迷惑防止条例では女性に対する痴漢しか罰することができず、男性被害者は保護対象外だった。
 「実はこの前、電車で痴漢に遭ったんだ。男なのに痴漢に遭うなんて、どっか変なのかな......」。2012年の春、友人は重い口を開いた。彼は女性と間違われるような髪型も服装もしていない。今も時々、満員電車に乗るとあのときの怖さを思い出す、と言う。
もし電車の中などで痴漢被害に遭遇したり、目撃したら、どう対応するのがいいのか。また、そもそも一般人が痴漢を取り押さえることに問題はないのだろうか…