chikyukankyo

自ら“カマキリ先生”に扮する番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』で伝えた言葉。「人間だったら住めなくなってますよ?」
私たちは、一体いつまで「大量生産・大量消費」の生活を続けたいのだろう。
「海草を保護し回復させることの必要性を世界の人々に納得してもらうのに、今回の成果は大いに役立つでしょう」とShortは語る。
生物資源から作られる土壌改良材「バイオ炭」が、農作物の収穫量を増やし、土壌や水の汚染を抑制するとして、世界的なブームの兆しを見せている。
戦後の都市開発によって汚染、氾濫を繰り返した鶴見川。現在では驚くほど環境改善がなされたという。その立役者の1人が岸由二さんだ。
PRESENTED BY AQUA SOCIAL FES!!
大気汚染ガスの二酸化窒素(NO2)の衛星観測に3~5割の過小評価があることを、海洋研究開発機構地球表層物質循環研究分野の金谷有剛(かなや ゆうごう)分野長代理らの国際研究チームが見つけた。その原因として、大気中に共存する微小粒子PM2.5などのエアロゾルが太陽光の経路をかく乱し、地表付近のNO2を観測されないように覆い隠してしまう「シールド効果」を実証した。日本、中国、韓国、ロシアでの地上観測網のデータと衛星データを比較して検証した結果で、8月11日に欧州地球科学連合誌Atmospheric Chemistry and Physicsに発表した。
水を安定的に、そして十分に供給することはこれからますます難しくなる。それは人口増に伴う地球温暖化の影響による。新しいデータによると、世界の37カ国がすでに「極めて高いレベルの水ストレス」状態に直面している。
漏洩した国連の次期気候変動報告書の原稿は、温室効果ガスの排出がこのまま続いた場合、世界の海面レベルは90センチ以上上昇すると警告している、と19日付けニューヨーク・タイムズ紙が報じた。
Googleは、人間の影響で変化していく地球の姿をとらえた複数の「早送り動画」を発表した。