chimu

マネジメント業務は「自分がタスクを片付ける」というのが仕事ではありません。
人というのはある視点では自分のことを「普通ですらない」と捉え、ある面では「普通の存在でしかない」と捉えている。
人生の時間は限られています。僕はその限られた人生の時間を、最大限自分のために使いたいと考えました。
自分が10年後の未来を描こうとも、会社にとっては必ずしもそれを叶えてあげられる状況にあるとはかぎりません。
わたしが思うに、「依存」が「自立」の前提条件だと思うのです。
忘れっぽく細かい作業は苦手、一度聞いたことでもすぐ忘れてしまうタイプの人なのに、なぜ人気者? 実は「あるポイント」を必ず押さえていた。
だって、人生ってできないことの連続じゃないですか。挑戦し続けていれば、無力感を味わうというのは、仕方のないことです。
新人は「無力感」を感じがちなようです。僕自身、学生時代の根拠なき自信が消滅するくらい「俺って何もできない!」と思わされました。
新卒を採用するという選択をしている以上、期待の力点は即戦力とは別のところにあると考えるべきです。
今のあなたにしかできないことが、必ずあるはず。焦りそうなときほど着実に。
先輩の教えに通底していたのは、「前向きな怠惰」が仕事のレベルを上げる、という考え方でした。
全力でこなしているうちに、先輩の力を借りずに独力でできるようになったときには、会社員としての基礎体力がついているという側面があるのです。
よいことばかりのように感じられる「副業」ですが、本当にどんな人にとっても推奨されるべきことでしょうか? 実はわたしはそうは思っていません。
目標を数値化して日々目標を追うことで、たしかに数字自体は右肩上がりで伸びていくのですが、それと同時にすごいスピードで人が辞めていくのです。
どんどんお互い甘え合って、得意分野でそれぞれの力を発揮すればいい。
「チームのリーダー」ができることは何か。それは、働く上での精神的なセーフティネットを用意することではないかと思います。
念願の会社に入った。でも、「あれ?こんなはずじゃ、なかった」「何か違う......」と戸惑いを感じている方もいるのでは。そこには理想と現実の乖離があります。
新海誠監督をはじめ、各界の精鋭が集まったこのチームはいかにして作り上げられたのか、またなぜ大ヒットにつながる作品作りができたのでしょうか。
上司による評価に「年齢」という要素を介入させるべきかどうか。みなさんはどう考えますか。