chimuwaku

新卒を採用するという選択をしている以上、期待の力点は即戦力とは別のところにあると考えるべきです。
今のあなたにしかできないことが、必ずあるはず。焦りそうなときほど着実に。
病院によっては「チーム医療」を結成し、患者さんをどう治療するか戦略を練っていくところもあります。しかし、患者は一人です。
「自分は他者の役に立つ」、すなわち「他者に貢献できる」と思えた時にこそ自分に価値があると感じられます。(岸見一郎さん)
会社の外とつながる方法をいくつか紹介したいと思います。
「なんで辞めんねん!」と思うのですが、ある時気づいたんです。「人が辞めるのは、辞めることで自分の理想を実現したいからだな」と。
先輩の教えに通底していたのは、「前向きな怠惰」が仕事のレベルを上げる、という考え方でした。
全力でこなしているうちに、先輩の力を借りずに独力でできるようになったときには、会社員としての基礎体力がついているという側面があるのです。
副業は何でもいいからお金が稼げればいいのでしょうか? いえ、ひとつの基準があるように俺は思います。
「理不尽」とは「理にかなっていないと"本人"が感じること」であって、経験が浅ければ浅いほど「理不尽」と考えることは多い。
よいことばかりのように感じられる「副業」ですが、本当にどんな人にとっても推奨されるべきことでしょうか? 実はわたしはそうは思っていません。
ビジネスシーンにおいては熟慮が必要なケースは多々ありますが、こと新人に関しては「拙速は巧遅に勝る」がそのまま当てはまります。
サイボウズが「複業採用」を発表し、多くの反響がありました。そこで、ソーシャルメディア上でいただいた反響を直接、代表取締役社長の青野慶久にぶつけました。
どうして、私たちは周囲の人に対して「当事者意識を持ってほしい」と思ってしまうのでしょうか。
目標を数値化して日々目標を追うことで、たしかに数字自体は右肩上がりで伸びていくのですが、それと同時にすごいスピードで人が辞めていくのです。
周囲の評価を上げたいなら、実はちょっとしたコツを抑えておけば十分です。
自分たちはどのような人材を目指せばいいのか、わからない人も多いのではないでしょうか。
どんどんお互い甘え合って、得意分野でそれぞれの力を発揮すればいい。