chiryo

復帰時期については「めどが立ち次第、改めてご報告いたします」としている。
悪性リンパ腫は、血液のがんの一つ。診断される年齢のピークは70代という。
HIV内定取り消し訴訟では、事実と証拠を重んじるはずの法廷で、無知と偏見による差別的な質問が投げかけられる場面もあった。治療の最前線は社会認識からどのくらい進歩しているのか、話を聞いた。
HIVキャリアの男性に対する内定取り消し訴訟では、本人尋問のなかで無知からくる差別的な質問が繰り返された。差別をしないためには、正しい知識のアップデートが必要だ。
「心身のバランスを保つことが難しくなる局面もございました」
診療と診療の空白期間、萎えがちな患者を支えて成功率アップ
男性を診察した医師は、彼の耳の穴の中に小さなトカゲを発見した。医療スタッフはこのトカゲに麻酔をかけた。さらに奥へ逃げ進むことを防ぐためだった。
我が国で重粒子線治療が普及しない最大の理由は、実は費用ではない。厚労省と文部科学省の省庁間の権益争いである。
論文では、仮に難聴になる人を完全に無くせたとしたら、認知症を今より9%も減らせると指摘しました。
がん治療で一番大切なことは、何より身体のQOLを保つことだと思います。その上で、強い味方になったのが、緩和ケアでした。
「まだ26歳なのに、もうおばあちゃんみたいに生きなきゃいけないの?」。女性としての人生を楽しめる時期なのに、なぜ私だけ......。