chochiku

投資初心者のための「お金のきほん」【第3回】。収入の増やし方の次は、「貯め方」を知っておこう。
家計簿が続かない? そんな人は自分に合ったつけ方を探しましょう。
家計の消費と貯蓄に関する理論では、将来の不確実性の高まりに対応して貯蓄を行うことを「予備的動機に基づく貯蓄」として捉える考え方があるが、歴史がこの「予備的動機に基づく貯蓄」を強く支持している。
低金利の状況を考えると、利回りの確保は難しい状況である。
NISAの「売れ筋投資信託ランキング」を見ると、問題が見えてくる…
貯蓄残高の面からは必ずしも順調に資産形成を進められているとはいえない状況のようである。
2017年1月から加入対象者が拡大されることを受けて、個人型確定拠出年金(個人型DC)への関心度が高まっている。
「手取りの15%は貯蓄すべき」「老後資金は3000万円必要」といった言説を鵜吞みにして、よく考えないまま思考停止に陥ってお金を貯めてはいませんでしたか? 
資産や所得については、金額が平均値だということは平均的だということではない。
定期預貯金が2014年と比べ24万円減。理由は?
1981年に比べて2015年の方が、「不安や悩みを感じている」という人の割合が増え、「不安や悩みを感じていない」という人の割合は低下している。
モチベーション低下に対抗するには明確な目標を作り、目的意識を持って取り組むのがいいのではないでしょうか。
2014年の1世帯あたりの平均貯蓄残高は、13年より59万円多い1798万円。過去最高だった00年の1781万円を17万円上回った。内訳は…
厚労省によると、2012年の1世帯当たり平均所得は537万2000円で、25年ぶりに低い水準となったことがわかった。平均貯蓄額は…
元旦にちきりんさんがお年玉を貯金なんてせずソッコーで使えという記事を書かれていました。日本人はほんとに貯金好きですよね。個人金融資産の預貯金の割合が国際的にも突出して高いことが知られていますし(参考)、ちきりんさんの言う通り「好きな物を我慢して貯金する」と言うと褒められるのが日本の日常風景です。
消費税の引き上げが行われるとみられ、国民の間では、個人レベルでの様々な「消費税対策」が行われている。住宅、定期代、映画代、何を買っておくとお得?
9月24日のアメリカ株式市場では、Facebookの株価が4%を超えた上昇となった。この背景にあるものはなにか−−。