chojikanrodo

長時間労働による過労死事件などを契機に、「働き方改革」の実現に向けた議論が盛んだ。
2020年の東京五輪はさまざまな企業にとって大きなビジネスチャンスだが、参入するためには多くのグローバル基準をクリアしなければならない。
親戚を過労死で亡くしたイラストレーターが執筆したマンガが7月22日、Twitterで公開され、大きな反響を呼んでいる。
「KAROSHI」が世界共通語になるほど深刻な日本の長時間労働問題。日本人の勤勉さが経済大国へと導いたが、時代は大きく変わっている。
すべての労働者が、働きがいをもって、安心して働き続けられる社会の実現は、集団的労使関係の力にかかっている。
政府の目標である2020年に男性の育児休業取得率を13%にするという「低い目標」すらクリアすることはほぼ絶望的と言っていい現状。
連合は「実行計画」をどう評価し、どう進めていくのか。連合逢見事務局長が解説する。
調査では、働き方が恋愛や婚活にも大きな影響を及ぼしていることが浮き彫りになった。
日本中のさまざまな業界で、そこまでのニーズがあるのかどうかわからない、奇妙なサービス競争が行われています。
「残業削減」っていうとダメなことが多いんです。「会社の魅力化」と言い換えればいい。
人口減少時代に労働生産性の向上が要求される一方、どのようにすれば「あそび」や「ゆとり」を持って効率的に働くことができるだろうか。
「過剰な残業を無くすことは重要な一方で、やる気失う人たちも出てくるんだよ」(青野慶久)
「長時間労働」や「過労死」「パワハラ」など深刻な問題が連日報道されている。その原因の1つとしてあるのは、働く側も使用者側も、ワークルールの知識が乏しいことだ。
男社会の悪しき常識を背負ったこの70年間、長時間労働の問題は、多少の波はあったにせよ、本質が大きく動くことはなかったのだ。
「2017年が日本の働き方の転換点だった」と言われるようになるのか?それとも変わらないのか? 皆さんが作るムーブメントが推進する大きな力です。