choju

80年間一度も投票を欠かしたことがないという元教師のランプキンさん。新型コロナでも必ず投票する理由は……
喜ばしいニュースに、バドライトから「次はおごらせて」のオファーも……!
アメリカNYに住むルース・ジーン・シグノアさんは、3人のきょうだいがおり、うち2人は今日も健在だという。
日本を超えると予想されているのは、闘牛で知られる「あの国」でした。
健康的に長生きするために、各年代の抑えるべきポイントを解説します。
中心となる担い手が自らも介護を要する可能性がある高齢者なのだ。
「100年生きる時代」という意味を頭では理解できても、体が動かなくなっていくさまを、どれだけの人が身体で感じられるだろう?
100年間、苦しいことも楽しいことも共に乗り越えてきました。
先人達に比べれば、私たちは倍の人生を楽しめて、また多くのことを成し遂げられる期待を有している。
117歳のイタリア人女性エマ・モラーノさんが4月15日、亡くなった。