chokaishobun

警察庁が7月20日に発表した、2017年上半期(1月〜6月)に警察官や警察職員に対する懲戒処分数の中で、一番多かった理由は「異性関係」だった。
読売新聞の福島県・いわき支局の男性記者が取材せずに他紙の記事を後追いし、町長の談話も捏造していたとして、同紙は15日朝刊におわび記事を掲載した。
免職になった職員が、処分が「重すぎる」として停職6ヶ月に変更になりました。
関西学院大学で、外国人の男性講師が授業中、福島県出身の女子学生に「放射能を浴びているから電気を消すと光ると思った」との差別的な発言をしたことがわかった。
既婚者であるにもかかわらず別の女性と結婚披露宴を開こうとしたとして、福岡県警が小倉北署に所属する40代の男性巡査部長を減給の懲戒処分にしていた。
「小池劇場」を演じることで、世論の大きな支持を得てきた小池氏だが、ここに来て、状況が徐々に変わりつつあることに気付いていないようだ。
懲戒処分などについて今後検討し、手続きを「速やかに進める」とした。
社会保険労務士の男性が「社員をうつ病に罹患させる方法」とのブログを掲載した件で、厚生労働省は、この社労士を懲戒処分する方針を固めた。
東京都懲戒処分の資料では、ホワイトカラーの幹部職の不祥事には、甘いことが見て取れます。
7月15日、第二東京弁護士会は、所属する奥野剛弁護士(32)に業務停止2月という懲戒処分を下したことを発表した。