chokoreishakai

高齢福祉分野では介護ロボットの開発も活発に行われている。
4月から、診療報酬と介護報酬の同時改定に向けた議論が本格的に始まりました。
予防医療は、長寿化による国民医療費の増大をもたらすと指摘しているのだ。どうすれば予防医療による健康増進と国民医療費の増加というパラドクスを解消できるのか。
日本の高齢者の状況を主要国と比べると、高齢者の就業率が21.7%(男性30.3%、女性15.0%)ときわめて高い水準になっている(平成27年)。
2020年の東京大会では、共生社会という"パラリンピックレガシー"が実現することを期待したい。
私は、本心から特に欲しいモノはないと思っている。日本社会の成熟化・高齢化が進むにしたがって、私と同じように思う人も増えているのではないだろうか。
1月7日に消費者委員会本会議が開催され、消費者契約法と特定商取引法の二つの法律に関する報告と答申がなされた。
ビンテージ・ソサエティが描く未来像は、一人ひとりの将来に、また企業にとっては今後の事業展開にも影響してくる可能性がある。
現役時代から少しずつ地域における「新たなコミュニケーション能力」を磨くことにより、生きがいのある高齢期の暮らしにソフトランディングできるのではないだろうか。
誰もが加齢による衰え(老化)を経験する超高齢社会では、生活に多少の制限が生じても健康だと自覚できる期間を伸ばすことが重要ではないか。
筆者の自宅付近に、無人の古書店がある。無人と聞いて「?」となる読者がほとんどだと思うが、仕組みはこうだ。
皆さんはパラリンピックの歴史についてご存知だろうか。日本パラリンピック委員会ホームページ(*1)によると、1948年、ロンドン郊外の病院で行われた車いす患者によるアーチェリー大会がその原点とされている。
日本の格差問題の核心はどこにあるのか。それは、貧困層の拡大と中間層の衰退ではないだろうか。
モノの見方を多様にする「老いる力」は、アバウトでいい加減に生きる「あそび」の力でもある。それは今日の日本の社会デザインにも有用ではないだろうか。
少子高齢化が深刻化する現在、高齢化と少子化の課題は不可分であり、ふたつを同時に解決する処方箋が求められているのである。
大都市では商業地や住宅地の地価の上昇傾向が強まる中、将来のさらなる値上がりを見込んだ投資マネーの動きが活発になっています。
本格的な超高齢社会の到来が刻々と迫るなか、あらゆる業界の各社は、「高齢者市場」を如何に開拓していくか、検討を重ね続けているのではないだろうか。実際、近年になるに従い、高齢者を意識した商品サービス、あるいは事業展開を行う事例は確かに増えてきている。その高齢者市場規模は2013年度の時点で「100兆円市場」にまで拡大したと推計される 。
自分が満66歳になる年度の4月1日を迎えられたとき、その地域に「おとな学校」があればいいのに、と考えている。