chosakukenshingai

ゲイリー・ゴールドマン氏は、「トータル・リコール」(アーノルド・シュワルツェネッガー主演)や、「マイノリティ・リポート」(トム・クルーズ主演)などで脚本家兼プロデューサーを務めた人物。
単に紛らわしいからと言って、損害賠償や差止めが認められるわけではありません。まず、商標権についてはどうでしょうか?
毎日新聞に「キャバクラ:生演奏「著作権を侵害」 東京地裁判決」なんて記事が載ってます。音楽そのものが売りであるライブハウスならまだしも、BGMとして音楽を使ってるだけでJASRACに金を払わなければいけないのはどうなのよという意見もあるかと思います。
昆虫たちの交尾する様子を、現役芸大生がスケッチしたというイラスト集『昆虫交尾図鑑』。12月上旬の発売早々、このイラストとそっくりの写真を掲載したウェブサイトが存在することが指摘され、「イラストはトレース(複写)ではないか?」と物議を醸している。
内部告発サイト「Wikileaks」は11月13日、環太平洋連携協定(TPP)交渉の「知的財産権」分野の条文案とみられる文書を公開した。TPP交渉の内容は秘密にされており、これまで交渉内容を記した条文案は公表されていない。今回公開された文書に、警察が独自の判断で著作権侵害を取り締まることができる「著作権侵害の非親告罪化」が含まれている上、日本とベトナム以外の10カ国が賛成していると記載されている。もしこうした交渉が事実であれば、日本は著作権法の改正が迫られる事態にもなりそうだ。