chosengakko-mushoka

高校の授業料無償化の対象から除外された朝鮮学校が処分の取り消しを求めて国を訴えていた裁判で、大阪地裁は訴えを認める判決を言い渡した。
神奈川県は、朝鮮学校に通う在日朝鮮人の児童・生徒らへの補助金を、2014年度から事実上復活させる方針を決めた。「外国人学校は国際情勢の影響を受けやすい。今後も安定的に教育を受ける機会を確保するため」