chuchokankei

朝鮮半島情勢は、北朝鮮が6回目の核実験やICBM発射実験といった、限度を超えた挑発に出るのではないかという憂慮が高まり、国際社会の関心を引いた。
中国の毛沢東主席と、北朝鮮の金日成主席の具体的なやりとりから分析した。
北朝鮮は8月24日未明、日本海海上で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)とみられるミサイルを発射した。
北朝鮮が、友好国の中国を非難する、異例の論評を発表した。
北朝鮮による核実験を受けた国連安全保障理事会の制裁決議をめぐり、中国が春節の連休以降に結論を持ち越すよう関係国に働きかけていると、6者協議関係筋が明らかにした。
1月6日に北朝鮮は4回目の核実験を行い、「初めての水爆実験に成功した」と主張しているが、注目すべきは事前通告がなかったという中国の対応である。
金正恩第1書記が表明した「水爆保有」発言で中朝関係が悪化したとの説が報じられた。
公演キャンセルの理由はまだ確認されていない。
このライブパフォーマンスを見ることができるのは、常に北朝鮮の高官に限られる。