chugoku-gunjihi

中国の習近平指導部は景気減速にもかかわらず、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)開幕日の3月5日に公表する2015年国防予算を堅調な水準に維持する方針だ。
ストックホルム国際平和研究所によると、2013年の世界の軍事費は、アメリカが37%のシェアを占め、ダントツ。中国は11%で2位。日本は8位、韓国は10位にそれぞれランクインした。
中国が軍事費をさらに増やすことがわかった。2014年の中国軍事予算は、2013年より9千億円ほど増え、約14兆8千億円程になるという。
中国の習近平国家主席は、かつての最高指導者トウ小平氏が後継者に残したとされる教えを忠実に守っている。最高指導者としての執務時間の多くは、人民解放軍(PLA)幹部たちと過ごせというものだ。昨年11月に共産党総書記に選出された1カ月後、習氏は最初の本格的な政治視察地として広東省を訪れた。同視察に関する公式資料によると、滞在中5日間のうち、習氏は3日間を軍の基地で過ごした。