chugoku-jinkenshingai

(ニューヨーク)-中国政府は、「労働教養」(労働を通じた再教育) 制度を廃止すると発表した。中国政府は、人権侵害の原因となっているこの制度の廃止を発表するだけでなく、そのかわりに裁判なしに拘禁する別の制度も導入しないこともあわせて発表すべきである。
ハフィントンポスト各国版10月31日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。 ハフィントンポスト・ドイツ版では、天安門広場に自動車が突っ込み5人が死亡した事件を取り上げて、中国政府の圧制による人権侵害に警笛を鳴らしています。
中国のセックスワーカーに対する刑罰法規と警察活動が重大な人権侵害を招いている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書内で述べた。これら人権侵害には警察による暴力や、「労働を通しての再教育」「収容を通しての教育」施設における最長2年の恣意的拘禁、HIV検査の強要などが含まれる。