chugoku-kaigun

アメリカ海軍の無人潜水探査機を中国海軍が南シナ海で奪った問題で、アメリカのドナルド・トランプ次期大統領は12月18日、自身のTwitterに「盗んだ探査機は返してもらわなくて結構だと中国側に言うべきだ」と投稿し、中国側の動きをけん制した。
中国海軍力は、今後も急成長をつづけるのだろうか?いや、質的な向上はあるが、数的成長は望めない。その理由3つとは...
中国は諸島の領有権を主張し、中国海警局の「海警」という公船を常に接続水域で遊弋させ、時には領海侵犯さえ行っているのである。
中国海軍の情報収集艦1隻が6月15日未明に、日本の領海に侵入していたことが判明した。
中国海軍は30日、米海軍と29日に行った南シナ海情勢に関するテレビ会議について声明を発表した。
中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで、この海域における軍事的緊張が一気に高まっている。本来であれば、ある程度熟練した戦闘遂行能力を持っていなければこうした行動に出ることは難しいわけだが、実際中国の海軍はどの程度の実力を有しているのだろうか。
中国海軍の戦艦が南シナ海で、アメリカのミサイル巡洋艦カウペンスの航路を阻んでいたことがわかった。