chugoku-keizai

消費の実勢には変化がなく、引き続き堅調を維持。
6月の人民元レートは米ドルに対して上昇、6月末は前月末比0.6%上昇の1米ドル=6.7825元で取引を終えた。
先行きについては、緩やかに減速するが、通年のGDP成長率は6.7~6.8%を予想する見方が多く、本年の目標「6.5%前後」をクリアすることは確実視されている。
中国株は2015年6月から2016年1月にかけて数度に渡る急落を演じて注目を集めたが、その後はじりじりと上昇している。
今、中国が(アメリカの)新たな冷戦の標的になろうとしている。
中国海軍力は、今後も急成長をつづけるのだろうか?いや、質的な向上はあるが、数的成長は望めない。その理由3つとは...
中国政府はリーマンショックの余波を受け、国際通貨の役割を果たす上で欠かせない計算単位、支払手段、価値保蔵の三つの機能を充実させてきた。
中国への消費財輸出を目論む企業にとっては、豊富なビジネスチャンスがある市場といえるだろう。