chugoku-keizai

中国への消費財輸出を目論む企業にとっては、豊富なビジネスチャンスがある市場といえるだろう。
過剰債務を抱える企業の経営不振が長引けば、将来的には不良債権が急増する恐れもある。
中国経済の高成長を牽引してきた輸出に陰りが見えてきた。
中国経済の特徴である"投資の多さ"と"消費の少なさ"を実感するために、G20諸国と比較して見ると...
中国の産業構成を諸外国と比べて見ると、第2次産業の比率が極めて大きい一方、第3次産業の比率が小さいという特徴がある。
中国がアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に動いた背景には、現行の国際秩序に対する不満があり、今後も様々な局面で波乱の火種となりそうである。
本作に描かれた食事や生活ぶりを見て、街中やインフラを見て、分かりにくい中国の実体経済をイメージすることができる。
中国の実質GDP成長率は2015年7-9月期同+6.9%、10-12月期同+6.8%、今年1-3月期は同+6.7%と鈍化が続いています。
成長率の3分の2が消費によって支えられる、消費主導の成長モデルへと転換が進んだ。
大幅な金融緩和の効果が争点になっている。「庶民の生活が楽になっていない」──その点は否定しないものの、では、行っていなかったらどうなっていたのか。