chugoku-keizai

中国経済の特徴である"投資の多さ"と"消費の少なさ"を実感するために、G20諸国と比較して見ると...
中国の産業構成を諸外国と比べて見ると、第2次産業の比率が極めて大きい一方、第3次産業の比率が小さいという特徴がある。
中国がアジアインフラ投資銀行(AIIB)の設立に動いた背景には、現行の国際秩序に対する不満があり、今後も様々な局面で波乱の火種となりそうである。
本作に描かれた食事や生活ぶりを見て、街中やインフラを見て、分かりにくい中国の実体経済をイメージすることができる。
中国の実質GDP成長率は2015年7-9月期同+6.9%、10-12月期同+6.8%、今年1-3月期は同+6.7%と鈍化が続いています。
成長率の3分の2が消費によって支えられる、消費主導の成長モデルへと転換が進んだ。
大幅な金融緩和の効果が争点になっている。「庶民の生活が楽になっていない」──その点は否定しないものの、では、行っていなかったらどうなっていたのか。
本年10月以降、日中関係改善が加速し、日本企業のビジネスチャンスは一段と拡大しようとしているが…
東海大学の葉千栄教授はハフポスト日本版の取材に応じ、中国の景気減速について、「日本のメディアは騒ぎ過ぎている」と指摘。中国株については「実際の企業業績を上回る水準で株価が上昇してきたため、適正な水準に戻るのは当然」との見方を示した。
中国株の急落や人民元の切り下げをきっかけに、リスクマネーの逃避圧力にさらされ、変調をきたすマーケット。背景には何があるのか。みずほ銀行国際為替部チーフマーケット・エコノミストの唐鎌大輔氏に話を聞いた。