chugoku-minamishinakai

ラオスの首都ビエンチャンで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議で、各国外相は25日、共同声明を採択した。
米海軍のイージス艦が30日、中国が実効支配する南シナ海の西沙諸島の中建島から12カイリ内を航行したことを、米国防総省当局者が明らかにした。
マレーシアで4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などによる拡大国防相会議が開催。共同宣言の採択は、南シナ海への言及をめぐり米中が対立したため見送られることとなった。
中国は、「抗日戦争」の勝利70周年記念式典を行おうとしている。クライマックスは、3日に予定されている大軍事パレード。今年は、10年ごとに国民の休日に行われている従来の式典とは異なっている。
ヘーゲル米国防長官は31日、シンガポールで開催されているアジア安全保障会議で演説し、南シナ海で領有権を主張する中国に対し、地域を不安定化させる行動を控えるよう警告した。 ヘーゲル長官は演説で、米国が軍事・外交の軸足をアジア太平洋に移す「リバランス(再均衡)」政策に注力しているとし、国際秩序の根本的原理が脅かされることになれば、「見て見ぬふりはしない」と強調した。
東南アジア諸国連合(ASEAN)の外相会議が10日、ミャンマーの首都ネピドーで開かれ、ベトナム沖の南シナ海で中国が石油掘削を始め、ベトナムの船舶と衝突していることについて、重大な懸念を示す声明を出した。
中国海南省は同省が管轄する海域で操業を行う外国漁船に対し、事前に中国政府の許可を得ることを義務付ける条例を施行した。違反すると、海域からの強制退去を命じられたり、船を差し押さえられたりするという。