chugoku-pm2-5

27日付のチャイナ・デーリーによると、中国当局は、国内保険大手の中国人民保険集団(PICC)と中国平安保険グループに対して、大気汚染による健康被害をカバーする保険の販売を停止するよう伝えた。
tenki.jpのPM2.5分布予測では、今夜にかけて中国・四国から北陸、関東で高めの濃度が予想されています。午後1時現在、大阪府や新潟県などでPM2.5 の濃度が暫定的な指針となる値を超えると予想されるとして注意喚起を行っています。自治体が発表する情報を確認し、体調の変化に注意しましょう。
26日にかけてはPM2.5の濃度が西日本などで高くなる予想です。PM2.5の濃度が暫定的な指針となる値を超えた場合は、その吸入を減らすため、屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らすこと、外出時はマスクを適切に着用すること、換気や窓の開閉を必要最小限にすることが有効だと言われています。
PM2.5が深刻な中国の北京。20日は3日連続で重大な大気汚染が予想される場合に出される「黄色警報」が初めて発令。その後、さらに深刻な状態になると予想されたため、21日には一段階上の「オレンジ警報」に引き上げられました。
灰色のスモッグがたちこめる北京市の天安門広場で1月16日、設置されている巨大スクリーンに「輝く日の出の画像」が映し出された。
冒頭の衛星写真は、2013年12月7日に撮影されたものだ。北京から上海まで、1200キロメートル以上にわたってスモッグが広がっている様子がわかる。撮影したNASAの説明によると、白いのは雲や霧であり、スモッグは灰色の渦状として写っているという。
中国山西省の省都太原市の共産党省委員会のビル前で複数回の爆発が起き、少なくとも1人が死亡、8人が重軽傷を負った。ビル前に止まっていた車両などが爆発した模様で、手製の爆弾を使ったテロの可能性がある。
中国のPM2.5問題がかなりひどいことになっていますが、これをまともに考えれば、きちんとした環境対策をとらない政府が悪いという発想になるわけですが、どうも中国ではそういう方向にはいっておりません。
世界保健機関(WHO)の専門機関が、排ガスなどに含まれる微粒子物質「PM2.5」などの大気汚染物質による発がんリスクを最高レベルに分類したと発表した。
深刻な大気汚染が続く中国では、10月6日にも北京市周辺で「最悪レベル」の大気汚染が記録され、中国気象局では第一次警戒警報を発令、濃いもやが発生して北京-上海間の高速道路が通行止めとなるなど、交通機関にも大きな影響が出たと新華社通信が伝えている。
経済成長とともに大気汚染問題を抱えている中国で29日、各地で大気汚染指数が最悪レベルとなる「深刻な汚染」が観測された。
中国北部では、石炭燃焼による大気汚染で、5億人の平均寿命が約5年短くなった可能性があると発表された。米マサチューセッツ工科大学(MIT)などが、8日に研究報告を公表した…