chugoku-taikiosen

中国・北京市政府は7日、深刻な大気汚染が続くことが予想される場合に出される「赤色警報」を初めて発令した。8―9日にかけて高濃度のスモッグに覆われる見通しだという。
アメリカの大手民間調査機関ピューリサーチセンターが世界40カ国で実施した最新の世論調査の結果によると、回答者の全体の54%が「地球の気候変動が極めて深刻な問題」と答えた。
中国の人口3分の1以上の人が定期的に「健康を害する」大気で呼吸している。
27日付のチャイナ・デーリーによると、中国当局は、国内保険大手の中国人民保険集団(PICC)と中国平安保険グループに対して、大気汚染による健康被害をカバーする保険の販売を停止するよう伝えた。
北京で開かれていた全国人民代表大会(全人代)が3月13日に閉幕し、閉幕にあたり発表された政府活動報告の中で、中国の李克強首相は、「(環境)汚染問題に宣戦布告する」と述べ、強い姿勢で取り組む方針を明らかにした。一方で、経済成長率は昨年と同じ7.5%程度を目標とする方針も明らかにし、両立は困難ではないかという見方が強まっている。
現在の日中関係は間違いなく戦後最悪といって良いだろう。基本的な認識として、関係悪化の主たる原因は中国側にあり、安倍政権に特段の落ち度があるとは思えない。ネットを閲覧すると、アメリカ政府が「終わった話」と終了宣言を出している安倍首相による靖国参拝が日中関係を毀損したと今尚批判する声も散見される。
灰色のスモッグがたちこめる北京市の天安門広場で1月16日、設置されている巨大スクリーンに「輝く日の出の画像」が映し出された。
また中国のPM2.5汚染の季節が近づいてきたと思っていたら、はやハルピンで5メートル先が見えないという深刻な大気汚染が発生しました。小中学校が休校となり、市内の交通機関が麻痺するといった大きな影響がでたことが報道されています。
世界保健機関(WHO)の専門機関が、排ガスなどに含まれる微粒子物質「PM2.5」などの大気汚染物質による発がんリスクを最高レベルに分類したと発表した。
深刻な大気汚染が続く中国では、10月6日にも北京市周辺で「最悪レベル」の大気汚染が記録され、中国気象局では第一次警戒警報を発令、濃いもやが発生して北京-上海間の高速道路が通行止めとなるなど、交通機関にも大きな影響が出たと新華社通信が伝えている。