chugokugunki-jieitaiki

「中国軍機と搭乗員の安全に危害を加えた」との中国側の発表を、事実と異なると否定。
防衛省は6月11日、東シナ海の公海上空において、同日午前11時頃から12時頃にかけて、航空自衛隊と海上自衛隊の航空機2機に対して、中国軍機が約30〜45メートルの距離まで異常接近したと発表した。現場は、日本の防空識別圏と中国が新たに設定した防空識別圏が重なる区域で、中国軍機による異常接近は5月24日以来で2回目。