chugokujin

新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)の拡大は、中国や日本など、アジア圏の人々への差別や偏見も生んでいる。
特任准教授を名乗るアカウントがTwitterで「中国人は採用しません」などと投稿していた。
沖縄県宮古島市の海水浴場で、パラソルセットを貸し出す業者が「中国人のみ2万円」と通常料金の10倍に設定した看板を掲げていた。
北海道・新千歳空港で24日夜、中国人乗客約100人が、大雪のため搭乗する予定の航空機が欠航したことに抗議し、うち数人が空港職員や警察官らともみ合う騒ぎとなった。
熱湯で攻撃し、飛行機を爆破すると予告し、中途半端に「自殺する」と脅す――このすべてが一度のフライトで発生した。
日本を出てアフリカを旅し始めてから8ヶ月が経ちました。この間に秘密保護法が成立し、また消費税が8%に上がりました。そして極めつけは7月1日に閣議決定がなされた集団的自衛権の容認です。
ある中国人の富豪が今週、約束を果たし、自ら手本となって富裕層は貧困層に惜しまず与えるべきだということを示した。
多民族国家のシンガポール。その住環境の賃貸契約について民族差別とする指摘が、BBC(英国放送協会)と産経ニュースから出てきています。
日韓はどうしてここまで冷え込んだのか。韓中接近はどこまで進むのか。そもそも韓国にとって日本、中国とはどういう存在なのか。延世大学の文正仁(ムン・ジョンイン)教授はどう見ているのか。
3月上旬、ソウルに行ってきた。1年ぶりだった。街中で目についたのは中国人観光客のやたらの多さだ。日韓の冷え込みをしり目に「韓中接近」は、また一段と進んだようだ。