chugokukabu

中国株は2015年6月から2016年1月にかけて数度に渡る急落を演じて注目を集めたが、その後はじりじりと上昇している。
米中両国の中央銀行が日頃から緊密に連絡を取りあい、政策協調する気配は、一向に感じられません。
市場の変動と共に、#BlackMondayというハッシュタグが世界中で瞬く間に広がった。
24日の米国株式市場は、中国株急落を受けて主要3指数が軒並み約4%下げて取引を終えた。
週明け24日の中国株式市場は大幅に続落して取引を終了した。
いま中国で起きていることは「山一破綻」のようなバランスシートの問題であって、単に景気が悪いという問題ではありません。
7月27日の中国株式市場は急落し、上海総合指数が2007年2月以来の大幅下落となった。
中国経済を専門とするキヤノングローバル戦略研究所の瀬口清之・研究主幹は7月13日、ハフポスト日本版のインタビューに応じ、今回の中国株の急落について「単なる株価の調整局面」と述べた。
成都の人たちが、混乱を極めた上海株式市場について語った。
IMFは大幅な株価の下落が続いた中国の株式市場について「バブルが崩壊した」と述べると共に、影響は「現段階では主要な問題とはならない」との見方を示した。