chukanchozoshisetsu

石原伸晃環境相は6月23日、東京電力福島第一原発事故の除染で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設をめぐり、「最後は金目でしょ」とした自身の発言について、建設候補地の福島県大熊町と双葉町の両町長や福島県の佐藤雄平知事にそれぞれ謝罪するため、福島県を訪問した
福島県楢葉町。震災から3年近くが経過し、人々の心から震災が忘却されようとしているなか、福島大学の学生が福島県楢葉町の自宅に県外からの視察会参加者12名を案内した。地元の学生と訪ねた楢葉町の「現在」は−−。
福島県楢葉町の町議会は、除染作業で発生する土壌や廃棄物を保管する「中間貯蔵施設」の建設をめぐり、住民投票の実施を求める条例案を反対多数で否決した。
東京電力の福島原子力発電所の事故に伴う除染処理では、中間貯蔵施設の見通しが立たないため除染の遅れを招いているという批判があります。こうしたことを受けて、政府は福島県と原発周辺の3つの町に対し、中間貯蔵施設の建設の受け入れを正式に要請しましたがこれについて少し。