chukankankei

アメリカ軍の対北朝鮮ミサイル迎撃システムを韓国内に配備することに、中国が猛反発している。
支持率は下落を続け、今は一桁にとどまっている。しかし李在明氏になんら変化した部分はないように見えた。
韓国が配備を決めたアメリカの対北朝鮮ミサイル迎撃システムに、中国が首脳会談で強い不満を表明した。
メディアは、ミサイル迎撃システムばかりに注目し、中国側から見た配備の影響を見誤っている。
在韓米軍に高高度迎撃ミサイルシステム「THAAD」(サード)が配備されることが決定した。
オバマ大統領の広島訪問とその演説内容について、中国と韓国は対照的な反応を見せた。
騒動は収まる気配を見せない。
韓国メディアの評価は、中国との関係進展を評価するか、アメリカとの関係を懸念するかで、基本的に親米の保守系メディアの間でも分かれた。
韓国は北朝鮮からのミサイル攻撃を想定した米軍の最新鋭防空システムの配備をめぐり、安全保障上の最重要同盟国である米国と、最大の貿易相手国である中国との間で板挟みになっている。
韓国国防省は中国が設定した防空識別圏の変更を求めた。中国は拒否した。韓国は「国益を守るため」に防空識別圏の拡張を検討中とも伝えており、今後、中韓の緊張が高まる可能性がある。